FC2 Blog Ranking

水引家紋画像

水引家紋画像展示ブログ

丸に池蓮



  くれぐれも無断転用や無断にての「見てからの真似事等」無き用よろしくであります。


丸に池蓮
 家紋の様式美の中での確立がまだ未完成である部分があると感じられる「池蓮紋」であります。

 家紋は「神仏」がある中でどちらかというと「神」との繋がりが強い傾向があり、

 卍や輪宝以外は基本的に神由来のものが多いです。

 蓮は泥の中から上へと伸びて、水面を越えた所で美しく花開くことから、

 解脱や来世での救済を象徴するものと考えられ、仏教美術におけるもっとも重要な植物といえるものであります。

 家紋は神聖なものであり、魂を形に込めて伝えるものでありますが、

 蓮は解脱という、ある意味で祖先との絆やつながりさえも断ち切る要素を含むことから、

 家紋の題材の中心に位置しないのかもしれません。

 家紋は魂の繋がりを伝えるためにあるものであります。

 日本国ほど魂の繋がりが美しく、またリアルに繋がり続けている国は無いと思うのであります。

 ご先祖様との繋がりなしに存在する人間は無く、

 また魂のつながりと愛情の繋がりあっての心の豊かさであり、魂の幸福であります。

 日本国の歴史における大きな節目の日を向かえるたびに思うことは、私達に魂を繋ぎ、

 私達を存在させてくれたという一点から何よりも感謝であり、

 やむを得ぬことばかりの時流の流れの中で何はともかくも未来へと魂をつないでくださった事への感謝であります。

 理屈や理論は所詮いいわけであり冷酷で非常な行いを伴うものだと思うので、理論や思想はキライです。
 
 泥の底から天を目指す心で、自分達が受け継いだ魂がさらに受け継がれて、

 一歩、また一歩とより澄んで清い処へのびていってほしいと願うものであります。





 
  
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/16(月) 01:11:58|
  2. 美術工芸
  3. FC2 Blog Ranking
  4. | コメント:0
<< | ホーム | 丸に揚羽蝶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

moonbig

Author:moonbig
水引家紋画像展示

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
美術工芸 (297)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード