FC2 Blog Ranking

水引家紋画像

水引家紋画像展示ブログ

丸に杏葉牡丹



  くれぐれも無断転用や無断にての「見てからの真似事等」無き用よろしくであります。


丸に杏葉牡丹 信州飯田
 牡丹の紋章は様々に解釈され、描かれ方が沢山発生する紋章です。 

 牡丹の花は花弁が多く、またつぼみの美しさや、葉の美しさもその特徴であり、

 それらの美しさを一度に描ききろうとする事がその理由と考えられます。

 また、紋章としてモチーフとなった理由に牡丹が「百花の王」

 つまりすべての花の頂点であるという「位置づけ」があることが、

 さらにそのなんというか重圧のような作用をするものと考えられます。

 この画像の丸に杏葉牡丹は、信州飯田の方からの注文で作ったものですが、

 丸におさめるということがプラスに解釈されたことが功を奏した形で、

 牡丹の花はいわゆる「割り牡丹」となって、美しく完結され、

 杏葉の形に並んだ牡丹の葉も隠れる部分を多くしたことがデザインに深みと展開をもたらし、

 つぼみも膨らむ前のつぼみを採用することでアクセントではなくてワンポイント的に機能することができており、

 結果的に洗練度の高いものになっております。

 まぁ、例によってうちの絵師による「ビフォー・アフター」があってこの形に到達した物ではありますが、

 絵師曰く「そもそもの方向性が正しかったことが仕事をよりやりやすく、

 かつやりがいのあるものにしてくれた」という牡丹の紋章でありました。




 
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/06(金) 20:51:22|
  2. 美術工芸
  3. FC2 Blog Ranking
  4. | コメント:0
<<鳥居紋 | ホーム | 錨片喰紋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

moonbig

Author:moonbig
水引家紋画像展示

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
美術工芸 (301)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード