FC2 Blog Ranking

水引家紋画像

水引家紋画像展示ブログ

丸に向う梅



  くれぐれも無断転用や無断にての「見てからの真似事等」無き用よろしくであります。



 千年に一度の大災害という今回の震災、本当にすさまじく、

 人間の小ささやおろかさやおごりを思い知らされた気持ちであります。

 また、その逆の人間の美しさや優しさ、

 文化として受け継がれてきた祈りの本質や意義を深く感じていることも実感としてあります。

 千年の歴史を誇る水引や家紋といった日本の伝統文化は、

 国風文化のころにルネサンスして再定義・確立をして今日に伝わる形を見出したと考えてきた水心でありますが、

 その純日本的な価値観や美学・自然観・世界観の再考を刺激した大きな出来事が

 あるいは千年前の地震であったのかもしれません。


丸に向う梅
 この紋章は、「国風文化」ルネサンス最大の功労者であろう、
 
 菅家菅原道真公のゆかりを伝える武家の家紋であり、
 
 水引にとってもっとも大恩あるお殿様の紋称であります。

 おしべの表現に特徴があり、水引での製作にはたくさんのハードルが聳え立っておりましたが、

 絵師ともども試作に試作を重ねてこの形を決めたものであります。

 シルエットにおいては切り紙細工であり、

 描線においては手描き性以上に図形・幾何学的なデザインで、

 どんな素材で表現するにも難易度の高そうな、且つ美しく完成されたデザインであります。

 信州飯田はこのたびの災害においては信じられないほどの無傷で、今のころは梅の盛りであります。

 斜面には特産品の梅干である竜峡小梅の花が白く咲き誇り、家々の軒先では紅梅が咲き、

 いまだ深雪が白く光る赤石の山並みを背に梅の香りのする風がそよいでおります。





 


スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/07(木) 05:39:09|
  2. 美術工芸
  3. FC2 Blog Ranking
  4. | コメント:0
<<左一つ巴 | ホーム | 魂の乗り物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

moonbig

Author:moonbig
水引家紋画像展示

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
美術工芸 (298)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード